記事一覧

Supreme による新作フルレングススケートビデオ『“BLESSED”』がもう間もなく公開へ

世界中のスケーター/ストリートヘッズが待望する新作ビデオは“damn near(めちゃめちゃもう間もなく)”発表とのこと
2014年3月に〈Supreme(シュプリーム)〉が初のフルレングススケートビデオとして発表した『cherry』。〈Supreme〉とも親交の深いビデオグラファーのBill(ビル)ことWilliam Strobeck(ウィリアム・ストローベック)が撮影/編集を手がけた同作にはJason Dill(ジェイソン・ディル)やAlex Olson(アレックス・オルソン)、Mark Gonzales(マーク・ゴンザレス)、Sean Pablo(ショーン・パブロ)、Sage Elsesser(セージ・エルセッサー)、Tyshawn Jones(タイショーン・ジョーンズ)、Nakel Smith(ナケル・スミス)、今はなきDylan Rieder(ディラン・リーダー)らといった〈Supreme〉とゆかりのあるストリートヒーローたちが顔を揃え、スケートシーンにおけるトレンドや流れをガラッと変えたマイルストーン的な意味合いも持つ作品となった。

そして『cherry』発表から4年以上が経った今夏、BillのInstagram投稿によって彼が〈Supreme〉の新作フルレングススケートビデオを手がけていることが判明。その新作ビデオのタイトルは『“BLESSED”』であり、ティーザーイメージには『cherry』にも出演したSean Pabloがデッキに乗ってこちらを振り返っている場面が捉えられている。そのIG投稿以降、世界中のスケーター及び〈Supreme〉ファンが首を長くして待っているであろう『“BLESSED”』だが、今回さらなるイメージとリリースに関する文言をBillが発信。そこには以下のように綴られている。
この編集を今しているんだけど、その作業を通して本当にこのビデオに関わった人たちへの愛やリスペクトを改めて感じるよ…とても大きな労力をこれに割いた…めちゃめちゃ近い将来きみを熱狂させられる…“BLESSED” もう間もなく
まだ明確なリリース日などの詳細には謎なままだが、Billも“damn near(めちゃめちゃ近い将来)”と表現しているので、引続き〈Supreme〉及びクルーからの新情報の登場を待とう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ